2008年01月21日

活動について。

現在さくらモンハン部は、Play Station Portable (PSP)で発売されたMonster Hunter Portable 2nd (MHP2)を主な活動の場としています。

ですので、活動には以下の三点が必要になります。
  • Play Station Portable
  • Monster Hunter Portable
  • メモリースティック Pro Duo

PSPを持っていない人からすると、「よく知らないゲームのためにPSP買うのは、ちょっと……」と思うでしょうから、次回、ゲームの概要や魅力について書いてみるかもしれません。
PSPをすでにお持ちの人であれば、ソフトの購入だけで参加可能です。値段分以上に遊べるソフトだと思いますので、強く推奨ですよ。

なお、部活動に必須ではありませんが、あればモアベターなものとして、
  • インターネットに接続されたWindowsXPマシン
  • Skypeアカウントとヘッドセット
  • Planex US54-mini2

が挙げられます。
本来MHP2は、PSPの電波が届くようなそばにいる相手としか一緒に遊べませんが、上記があれば、インターネット経由で遊ぶ事も可能になります。

はじめに。

さくらインターネットモンスターハンター部の部長、Hosumiですよ。

近い業界(インターネット系)にお勤めの狩り仲間でもある知り合いから、職場のモンハン部で同僚と遊んでる〜とかそんな話を聞かされたりして羨ましかったので、ふと思い立って社内の与太話用のメーリングリストで部員を募集してみたのが昨年末の出来事。
そのメールを華麗にスルーされてもめげずに、PSPを所有しているらしいスタッフに個別に声をかけて勧誘してみた甲斐もあり、どうにかこうにか二人ほど部員を獲得できましたが、それでも楽しく遊ぶことはできますが、「もうちょっと仲間がいるとモアベターだよね」と思い立ち、プロモート活動のためにブログを作成してみました。

このブログを読んでちょっとでも興味を持った人は、部員の誰かに声をかけてみたら、その魅力を熱く語ってもらえると思います。

関連:さくらモンハン部: 活動について。

2008年01月26日

さくらモンハン部の方針

活動方針は以下の通りです!

のんびり、ゆるーく
都合のつくときに、遊びたい同士が、ゆるく遊ぶ。そんな感じです。
一緒に遊ぶ事や、ガツガツとゲームを進行する事を強制しません。
もちろん、ガツガツ遊びこみたいという人には可能な範囲でお付き合いしますし、いろいろなアドバイスもあげられます。

部活の獲物は、それぞれ狩猟経験のあるものだけ
このゲームでは、さまざまな種類のモンスターが登場しますが、みんなで狩りに行く場合の獲物について、大型モンスターは参加者みんなが狩猟経験のあるものだけという原則でやっていきます。
砕いて言えば、「最低一回は自力で狩ってから」。
でも、集会所にしか登場しないモンスターや、自力でどうにもこうにもならなかった場合には、引率もいたしますよ。

それから、方針ではなくアドバイスとして、
モンスターの解析・攻略情報はしばらく見ない方が良いですよ
って思います。ウェブ上で検索をすると、いろんな情報が得られますけれども、遊び始めの頃はそういう情報は伏せておく方が良いと個人的には思います。見ちゃうと、ゲームの面白さが削られて損しますよ。
序盤に見ていいのは、マップの採取情報ぐらい。モンスターの解析情報は、狩猟数が20を超えるあたりまで自主規制するのがいいよ。

2008年05月01日

モンスターハンターシリーズ初心者のためのハンターデビューガイド 〜「○○が倒せない」編〜

ほすみですよ。
今日の新人狩人向けアドバイスは、倒せないモンスターが登場したときにどうすればいいかという事についてです。
あるモンスターの討伐(狩猟)クエストで詰まった時に、どうすればいいのでしょうか。
「気合を入れて、再挑戦」はい、それは間違いです。
まず最初にやるべき事は、「クリアできなかった原因の分析」です。


クエストをクリアできない原因は、二つパターンに大別されます。

  1. 三回体力ゼロになる

  2. 時間切れ


前者はクリアから程遠い状態で、後者の方がよりクリアに近付いています。

まず前者、三回ネコタク送りになってクエスト失敗になるパターン。その時に考えられる原因と、対策は次のような感じ。

  • モンスターの動き(行動や攻撃パターン)を見れていない、してはいけないタイミングで攻撃している


    • 攻撃しなくてもいいので、10分ぐらいモンスターの周りをうろついて観察すると、どんな攻撃パターンがあるのかわかってくる。モンスターの攻撃を確実に回避・防御できるように努力。


  • 回復薬が足りなくなる


    • 雪山や密林などのフィールドでハチミツが採取できるので、あらかじめ集めておいて、回復薬と調合して回復薬グレートを持ち込む。

    • 農場でサシミウオを釣って持ち込む。

    • もちろん回復薬も10個持ち込む。

    • 別のクリアできるクエストでお金や素材を貯めて、防具をなんとかする。強化したり、より強力なものを調達したり。

    • こちらの体力が減らされて回復が必要な状況になったら、とりあえずは逃げ優先で行動し、違うエリアに非難して回復してから体勢を立て直す。(戦闘しながらの回復を避けてみる)


  • その他準備不足


    • 毒や麻痺などの嫌な状態異常攻撃をしてくるモンスターに対しては、それを防ぐ薬品やスキルを用意する。



三オチしてしまう場合は、時間切れ覚悟で慎重に行動するようにしましょう。


次に、時間切れでクエスト失敗になる場合にどうすればいいのか。

  • モンスターの動き(行動や攻撃パターン)を見れていない


    • やっぱり攻撃せずに10分ぐらい観察する。モンスターの隙がどんな時に生じるかがわかる。隙を見出せたらその間に確実に攻撃をできるように努力して手数を増やす。


  • 武器が弱い


    • 別のクリアできるクエストでお金や素材を貯めて、武器をなんとかする。強化したり、より強力なものを調達したり。

    • 切れ味に緑色のゲージがある武器がおすすめ。威力や弾かれにくさが全然違います。


  • 武器の相性が悪い


    • モンスターによっては、武器の相性の良し悪しがあります。違うカテゴリの武器で再挑戦してみるのもアリ。

    • 一般的には、殻のある堅そうな敵にはハンマーや狩猟笛などの打撃武器、柔らかそうな外皮の敵には大剣や片手剣などの切断武器が有効だったり。

    • ゲーム自体に不慣れなうちは、片手剣がおすすめ。(移動が速い、武器を出したりしまったりするのも早い、一応ガードが使える、武器を出したままでも回復アイテムが使える)


  • その他準備不足


    • モンスターによっては、閃光玉や落とし穴やシビレ罠が効くので活用する。シビレ罠は、トラップツール+ゲネポスの麻痺牙という簡単に買える素材で、調合成功率も高いのでお手軽。(その分拘束時間は落とし穴より短いけれども、爆弾を置く時間ぐらいはある筈)

    • 大タル爆弾は高価ながらもかなり強力。落とし穴→爆弾設置→石ころやペイントボールで起爆でかなりのダメージを稼げます。小タル爆弾には、さほど威力はありません。

    • モンスターを見失って捜索する時間が生じないよう、ペイント玉を当てておく。時計の針が二つ進むごとぐらいでペイント玉を当てなおす。うっかり忘れそうなら、千里眼の薬を予備で持ち込む。



こんな感じだと思います。
ゲームを始めた初期の頃にモンスターを倒せないとストレスばかりが溜まって面白みも薄いとおもいますが、こういう事が体に染み付いてきた辺りからだんだんとゲームが楽しくなってきますので、諦めずに頑張ってもらえればと思います!